プラナカンビーズ(1)


プラナカンビーズを初めて見たのは数年前、プラナカン博物館を訪れた時。当時プラナカン文化に対してなんの知識も興味もなく、プラナカンを紹介しているコーナーで学生時代に好きだったディック リーの写真を見て、へぇ〜って思った程度。ぷらぷら展示品を見ていると、とてもかわいらしいビーズ刺繍を見つけました。女の子とアヒル?の図案で背景がキレイなプラナカングリーン色。細かいビーズでびっしり刺繍が施されていて随分と長い事、見ていた記憶があります。

数年後、ご縁があってシンガポールに住む事になり、プラナカンビーズは私のやっておきたいリストの中にしっかり入っていました。教室を探すにあたってはネットで調べてメールで問い合せもしましたが、返事が来なかったので、実際にお店に行ってから決めました。図案集を見せてもらったさい、プラナカン博物館でみたあの図案があった(ちょこっとアレンジしてありますけど)のが決め手でした。

4回のレッスンで完成するそうで、一回目は道具についての説明や刺し方の基本を教えてもらって、あとは実践あるのみ。
手にした針が今まで見た事もないような細い針で、糸を通すのが第一関門。さらに簡単に曲がってしまう。私そんなに怪力でしたか?って思ったけど、よくあるそうです。そして、ビーズの細かいこと、細かいこと。お土産物やさんでみるプラナカン雑貨のビーズとはサイズが全然ちがう。刺しても刺しても埋まっていかない。。。
それでも、クロスステッチと同じく何も考えずにチクチクする楽しみは格別でどっぷりビーズ沼にはまるのでした。

f0377150_21252509.jpg


[PR]
# by wasabisabi_sg | 2017-10-05 19:50 | CRAFTS

ロティプラタ@Ghim Moh Market


在星歴の長い友人とシンガポール(東南アジア全般に)は竜宮城に近いところがあるよね、という話になりました。例えば、あの時は桜が咲いてたとか、あの時は雪が降ってて寒かったねとか、思い出と季節がリンクしていると記憶も辿りやすいのですが、季節の変わり目がないと、全てが数珠繋ぎのようで、いつだったかの記憶が曖昧になってしまいます。また季節が4ヶ月毎に変わっていくと嫌でも計画的になるけど、いつも同じだとそうもいかなくて。気をつけていないと、あっという間に時間だけが経ってしまって、あらやだ、なーんにもしてなかった。って事に。怖い怖い。

閑話休題

Jurong East にあるロティプラタのお店Enaqがギンモーに2号店をオープンしたということで、行ってきました。
場所はホーカーズがあるとこではなくて、HDBの駐車場の近くです(以前カフェだったとこ)。オープンしたてで、手際が悪すぎるみたいなコメントもありましたが、平日ってこともあって特に問題もありませんでした。チーズ、オニオン、卵入りなどありますが、私はいつもプレーンプラタ。ちょっと生地が分厚い感じがしましたが、表面はパリパリです。隣のローカルがスーパークリスピー!ってスプーンで叩いてたけど、本当そう。ソースは辛くないので、別添えのサンバルで自分好みに調節するタイプ。


f0377150_00053151.jpg

美味しいロティプラタのお店は島内たくさんありますが、ギンモーで涼しい店内で食べられるのは嬉しい。
朝食、小腹が空いた時にピッタリ。

Enaq The Prata Shop
21 Ghim Moh Rd, singapore




[PR]
# by wasabisabi_sg | 2017-03-12 00:33 | HAWKER

タイ料理教室④

今回のメニューは次の3品。

Fried Chicken in Pandan Leave
Tomyam Soup
Sweet Rice with Mango

鶏肉のパンダンリーフ包み(ガイホーバイトゥーイ)
マリネした鶏肉をパンダンリーフで包んで揚げたもの。パンダンリーフは東南アジアのバニラといった感じで香りづけによく使われています。この料理もパンダンリーフで包むことによって、揚げてもしっとりパサつかず、さらに香りが移って良い感じ。パンダンリーフは見た目、菖蒲の葉のようで、これを器用に三角形の形に包んでいきます。慣れたら簡単よって先生は言うけど、パンダンの葉っぱと肉の代わりのテイッシュで練習するもなかなか形にならないのでした。

ちなみに、揚げる前の写真は、後日、復習した時のもの。先生のはぷっくりした形なのに、私のは薄っぺらくて鶏肉の量が少ない。もっと練習積まないとダメですね。
カロリー気になる場合はオーブンでそのまま焼いても良いそうです。先生はオーブンで半分火を通してから油であげてました。

f0377150_00101680.jpg

トムヤムスープ。エビ入りなんでトムヤムクン。

ココナッツミルクが入ったのは食べたことあったけど、エバミルク(無糖練乳)を使ったものは初めてでした。
まずはレモングラス、カフィアライムの葉っぱ、ガランガル、パクチーの根、ニンニクに小さな赤玉ねぎをよく煮立ててベースを作る。葉っぱ以外は包丁の背でガンガン叩いて、葉っぱは筋を取ります。こうすることでエキスがしっかり出るらしい。カフィアライムの葉っぱの香りってなんて良いのでしょう、ずーっと嗅いでいたい(笑)。そこにエビやキノコ類を加えますが、先生曰く、エビの頭と尻尾を残して剥くのがタイ式、そのままは中国式なんだそう。うちは全部剥かないとダメかも。。。

最後にライム、チリペースト、エバミルク、チリパディにパクチーを加えて出来上がり。エバミルクを加えたものはココナッツミルクを加えたものより、あっさりした感じで美味しい。うちにはココナッツミルク嫌って言うとんでもない人がいるのですが、エバミルクで作るようになったらトムヤムスープみんな食べられるようになりました(笑)。私はエバミルクを今まで一度も使った事がなかったのですが、エバミルクは牛乳を蒸発濃縮したもので、砂糖は加えてないけど、濃縮された分の牛乳の甘みがあります。ちなみに似たような缶でコンデンスミルクがありますが、こちらは砂糖が入ってて超甘いです。
f0377150_00101894.jpg
マンゴーとココナッツ風味もち米(カオニャオマムアン)

パンダンリーフで香りづけしたココナッツミルクにもち米を合わせたデザート。
おはぎしかり、ライスプディングしかり、甘いお米が苦手な私はこれもちょっといいかな、マンゴーだけで。

f0377150_00101957.jpg

トムヤムスープがとにかく気に入った私。
辛すぎるチリパディは入れないで普通の唐辛子を使ってるけどあとはレシピに忠実に。エビとキノコ、キノコのみ、鶏肉、イカなど具のバリエーションもたくさん。
スープとして食べると言うよりは、ご飯に少しづつかけて混ぜて食べるおかずの一つなんだそう。でもこれやるとご飯やたらに食べちゃうので危険。


[PR]
# by wasabisabi_sg | 2017-02-13 14:14 | COOKING CLASS

ばらまき土産

ばらまき用のお土産探しって結構楽しい。
諸用あって日本には数ヶ月おきに数日帰国する私は、逢う方々にはかるーく話のタネ的にわたすので、お土産はムスタファ、フェアプライス、コールドストレージあたりで購入することが多いです。

食べものだと、シンガポールといえばカヤジャムとかパイナップルタルトなんですが、思ったより重い。さらに、あれ美味しかったからまたお願い!って言われない(笑)。チキンライス、ラクサにバクテーの素みたいなのも喜ばれたけど、最近、喜ばれたのはインスタントラーメン。高級インスタントラーメンも人気ですが、私はどうせ食べるならジャンク派です。ローカルのインスタント麺(ドライの焼きそばタイプ)は王道ジャンク味で、良し。あとは、日本人にはやっぱり安心の日清のインスターントラーメン出前一丁のトムヤンクン味。あるようでないみたいです。
f0377150_12240593.jpg
定番のEllipsのヘアートリートメントオイル。正確にはインドネシア土産なんだろうけど、アジアということで。髪が確実にサラサラになって種類もいろいろ。ボトル入りや洗い流すタイプのトリートメントオイルなんかもあります。
medimixのアーユルベーダ石鹸も定番ですよね。あっ、これはインド土産だ。重いのと香りが好みがあるけど、夏に帰る時に持っていきます。私個人的にはターメリック&アルガンオイル入りが好き(アルガンオイル信奉者なんで)。
f0377150_11285605.jpg
バラマキ土産を探すときはムスタファでお土産買ってる人の買い物かごをチラッと覗く(笑)。Himarayaシリーズを知ったのも、それで。インド有数のアーユルベーダ化粧品会社。100%天然素材プラス無添加。とりあえず、リップクリームを使ってみたら思いの他よくって、シャンプー、石鹸、歯磨き粉とヒマラヤ製品が我が家で増殖中です。バラマキ用にはリップクリームが一番だと思うけど、個人的にはフットクリームがすごくいいと思う。シンガポールでは毎日裸足にサンダルのせいで、カカトがすっかり硬くなってしまったのですが、毎日寝る前に塗って(家でも裸足生活なので大理石の床ではすべる)たら数日で柔らかくなるのを実感しました。香りも好みでリピしてます。

中国系の方がよくまとめ買いしてるのが、斧がトレードマークのUniversal Oil。よかった、これはメイドインシンガポール。成分は主にユーカリ油でタイガーバームの液体版みたいな感じ。風邪、頭痛などに効く常備薬です。頭痛の時はこめかみにちょこっと。肩こりにもいい感じ。サイズの種類が豊富で小さいものは3mlサイズなので、バラマキにぴったり。旅行にちょっと持ってると安心します。 
f0377150_11420816.jpg
ヒマラヤ製品で韓国からの旅行者と思われる方々が山盛り買ってるのが全身に使えるというクリーム。
美肌大国の韓国人に人気なのなら間違いないと思って購入。さすが、外れませんでした。ベタベタしないしヒマラヤだけに香りが優しい。6個とかのパックがあるのでお土産にちょうどよくって、これまた喜ばれました。
f0377150_12235990.jpg
次の帰国までにまた物色しよっと。地元のスーパー、ドラッグストアは面白いもの多いのでオススメです。


[PR]
# by wasabisabi_sg | 2017-02-09 13:16 | OTHERS

Golden Mile Complex でお買い物

タイ料理でよく使う食材は、近所のウェットマーケットで大体そろいます。ちょっとタイ独特のものになるとKKマーケット内にあるタイ系のお店に。でも、KKマーケット行くんだったら、遠いけどGolden Mile Complexに行ってしまうのも大差ないということに最近気づきました。

建物全体がリトルタイ。タイのものは何でもあるらしい。
f0377150_12442076.jpg
危ないからっていう人もいるけど、シンガポールが特殊なわけで。ここは東南アジアと思って動けば特に問題なしと思います。
私はもっぱら二階のスーパーを御用達。タイ料理教室の先生オススメの食材探したり、ここでしか見かけないモノをウロウロ探すのが大好き。
マーケット好きの血が騒ぎます。
f0377150_12443016.jpg
野菜売り場は葉物が多い。緑がたくさん。スイートバジルにホーリーバジル、パクチー、ミントと葉っぱ天国。小家族には助かるトムヤムクンやグリーンカレーのセットもあって便利。これは何用のセットなのかなぁと思うものも。この時はコブミカンを購入。タイライムはあるけど、ゴツゴツしたコブミカンの実は近所のマーケットでは売ってない。これをグリーンカレーのペーストに使います。

f0377150_12435798.jpg
オススメされたチリペースト。トムヤムスープこれで作ってます。小さい缶でも450gある。ぜんぜん減りません(笑)
春雨もメーカー色々あるけど、先生オススメはパイン。80g入りの小さいのがあるんですが、これが使い切りサイズでちょうどいい。
タイ料理好きだけど、一つ苦手なのが着色料。これはタイ料理というより東南アジアの料理一般なんですが。パンダンの緑とかアンチャンの青や紫とか自然の色をつけてるのも多いそうですが、やっぱり苦手。タピオカも先生、ピンクとか青があるからね〜っていうけど、普通に白いのでいいやんと思う。そうだ、タピオカのカラーミックスもあるけど、これは茹でると色が混じっちゃうからやめたほうがいいわってローカルの知人に教えてもらいました。白しか買わないとは思うけど。。。。

こちらのスーパー、タイの他にもベトナム食材も豊富です。フォーとかベトナムコーヒーを物色するのが好き。

あと、食材じゃないけど、初めてゴールデンマイルに遠出したのはこのためでした。
f0377150_13532091.jpg
マダムヘンの石鹸。タイでは有名なブランドだそうです。聞くところによるとハーブ配合の石鹸でスッキリ洗い上げててくれるらしい。我が家にはスポーツやってる思春期ど真ん中の子供とその予備軍がいるので、これはいいのではないかと。最近ニキビも気にしてるので、黒ニキビにも効くというのに飛びつきました。店頭に行ってみると思ってたより種類がある。マダムヘンの顔写真のパッケージなのが基本版だそうですが、その他にスポーツ用、お子様用、ニキビ用。ちょっと高級ラインと思われるのもあり。基本のタイプと香りの良かったバラのタイプを購入してみました。息子曰く、メントールな香りが良く洗い上がりもスッキリするそうで、気に入ったそう。誤算はサイズが大きいから持つと思ってたのに、水に溶けやすいようで、あっという間になくなってしまって、黒ニキビに効果が出てくるまで持たなかったこと。次はニキビ専用のを使わせて見ようと思います。
私が試しに買ってみたナチュラルスパシリーズのバラ&ジャスミン石鹸。愛用してるMedimixのターメリック&アルガンオイルに比べると洗い上がりがサラッとしてる気がします。香りもしつこくなくていい感じです。でも、やっぱり私はMedimixの方がいいかな。好みですね、こればっかりは。

[PR]
# by wasabisabi_sg | 2017-01-23 14:37 | WETMARKET/MALL

シンガポール忘備録


by wasabisabi (ナオコ)
プロフィールを見る
画像一覧